「ヨーグルトのスープ(タラトル)」の思ひで…

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 【更新日:2017年11月】


今日はブルガリアの料理「タラトル(Таратор)」を作ってみました.

 

f:id:osanpowanko:20171112144701p:plain

 

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 材料

f:id:osanpowanko:20171112144844p:plain

 2人分くらいできます.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 作り方

(1)ニンニク,キュウリをすりおろし,ヨーグルトと水,刻んだディルを混ぜる.
(2)あればディルの葉,カットしたレモンを飾る.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain メモ

冷やして食べると美味しいです.
今回,ディルはドライタイプとフレッシュハーブの両方を使いました.どちらかだけでも作れます.魚との相性も良いハーブ,ディル.ディルの味,香りが好きな方はたっぷり入れてください.
ヨーグルトの種類によって水分量が異なると思うので,好みの濃度に水で薄めてください.
きゅうりは5㎜角に切ったり,スライサーで短めの千切りにしたり…でも良いと思います.塩でもみアク抜きをしてから加えることができます.その時は調味の塩を少なめにしてください. 

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain Таратор

今日紹介したのはブルガリアの冷静スープ,タラトル(Таратор)です.ブルガリアはローマ字のアルファベットではなく,キリル文字のアルファベットを使うため,見慣れない文字が出てきます.
ヨーグルトの国”のイメージがあるブルガリア.スーパーではヨーグルトに水と塩を混ぜた飲み物「アイリャン(Айрян)」をよく見かけます.

 

f:id:osanpowanko:20171112145005p:plain

 

写真はブルガリア中部の小さな町,カザンラクで電車を待つ間に売店で買って飲んだアイリャンです.
サラッとしたのど越しでスッキリとした味なので,暑い夏の日にとてもよく合う飲み物です.

 

つぎは何を食べようかなぁ...

  


【参考ホームページ・参照文献】