「“焼き”にくまん」の思ひで…

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 【更新日:2020年12月】

今日は底はカリッと、皮はふんわり、肉汁あふれる肉まんを作ってみました.

 

f:id:osanpowanko:20201204142835p:plain

 

 

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 材料

f:id:osanpowanko:20201204142849p:plain

小籠包サイズが12個分。6個ずつ焼きます。

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 作り方

(皮を作る)
(1)ボウルに薄力粉、さとう、ドライイースト、塩をいれ混ぜる。ぬるま湯を加え粉けがなくなる程度に混ぜたら、油を加え5分くらいこねる。
(2)オーブンの発酵機能を使い30℃で20分(室温で発行させる場合は、ふたをして50分くらい)

(餡を作る)
(3)ひき肉をポリ袋に入れ、調味料を加え揉みこむ。シイタケ、長ネギ(各みじん切り)を加え混ぜる。

 

(4)生地の発酵が終わったら、ガス抜きをしてまとめ、1/2等分にする。
(5)生地の1/2を棒状に伸ばし6等分する(必要な場合は打ち粉を使う)。
(6)6等分した生地の一つを押しつぶし、円形に広げる。餡を置き包む。油(大1/2くらい)を敷いたフライパンに並べる。6個作る。
(7)火をつけ強火で底面に焼き色を付ける。焼き色が付いたら水(100ml)を加えふたをして、7分くらい弱火で蒸し焼きにする。ふたを外して、火を強め水分を飛ばす。

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain メモ

焼き方は餃子と同じ。

 

f:id:osanpowanko:20201202051219j:plain

f:id:osanpowanko:20201202053808j:plain

 

冷凍もできます。冷凍した肉まんを油を敷いたフライパンに並べ同じように焼きます。蒸し焼きにする時間を10分くらいにしてください。

 

 

つぎは何を食べようかなぁ...

  


【参考ホームページ・参照文献】